勝俣部長の「ため息」4692回・・・・先と前(サキ)

3月4日 月曜日

 

          突然ですが「国会議事堂」です 同乗者撮:2024.02

 

 

天才老人美しさを求め行く

身体の劣化

 (老人訓ー3)

 

 身体、五感・・・・悲しくも、劣化して当たり前なるが老いたる身。

 天才老人凡句楽・・・・左に違和感を感じ出して2~2年。

  転ばぬ先の杖

なる・・・・(イマシ)めの言葉有り。

 この言葉・・・・どの様に理解するかが老人の腕の、イヤ、足の見せ所。

 老いたる身(膝)・・・・多少なりとも、自分で自分を、労(イタ)わるのが肝要。

 先手必勝・・・・転ばぬ  うんと、うんと先の杖、と考える。

 その理解  偉大なる先人が・・・・アノ、天下のご意見番「水戸のご老公」様。

 杖を突きながら、背筋を伸ばして・・・・かなりスタスタと歩くでは無いか。

 との結論から・・・・今年の誕生日プレゼント(4月29日)。

 杖を所望する。

 この先・・・・いよいよとなるその日まで、杖を突きながら、さっさと歩く。

 まさに・・・・天才老人である。

一言

 2~3の辞書を引いて見たが・・・・。

 どの辞書とも  転ばぬの杖、とある。

 むしろここでは・・・・転ばぬ(サキ)の杖、とする方が状態に合うのでは無いか?

 どうズラか?

 つづきます。

 

 

  新緑ますます 水が美味しい

 

 

 

 

 

 

 

 

勝俣部長の「ため息」4691回・・・・箍(タガ)

3月3日 日曜日

 

          茨城県稲田「磯蔵酒造」 撮:2024.01

 

 

天才老人美しさを求め行く

五感の劣化

 (老人訓ー2)

 

 お年寄り・・・・意外に多いのがの障害である。

 天才老人凡句楽・・・・新型コロナ禍の何年か前、耳がかなり深刻な状況に陥った。

 その結果、日々の習慣を・・・・1つ、変える事になった。

 普通、利きは、電話の受話器を、手で取り、耳で聞き、腕でメモる。

 その左が聞きずらいから・・・・左右を逆にする事になったのである。

 最初は混乱し、苦戦したが・・・・今はどうにかである。

 幸いにも多少の機能の劣化はあったものの、補聴器無しで、日々の生活は過ごせている。

 ただ、いつ再発してもいいように・・・・左右を逆にしたまま・・・・二刀流を目指している。

 結局、補聴器の知見を持つ事は無かったが・・・・そのときえた事がある。

 先ず人様に・・・・正々堂々と耳の悪さを分かって貰う。

 と言う事は・・・・サイズに捕らわれない大型、収音機型、補聴器で構わない。

 人様と話をするとき・・・・耳が悪いものですからお待ち下さいとして、

    今、机に収音機を置きますからと

 その収音機に向かって話して貰う。

 縦横30cm前後有っても良いじゃんか・・・・。

 少しでも具合が良くなるなら、の発想である。

 サイズと言う(タガ)を取っ払えば・・・・もっと具合の良い補聴器が、開発されるのでないかなと。

 当時、真剣に・・・・補聴器屋さんと相談して見ようと考えた事である。

 必要が無かったから・・・・実際はどうなのか分からない。

 サイズと言う箍を外す  少なくとも、補聴器性能を落とす事は無いだろう。

 素人的にはそう思えて仕方が無い。

 更なる高齢化社会に向かって・・・・、

 メーカー様、1つ、事前学習を、宜しく、お願い致します。

 つづきます。

 

 

 水と共に 高齢化

 

 

 

 

 

 

 

 

勝俣部長の「ため息」4690回・・・・全てに、危険

3月2日 土曜日

 

 

 

天才老人美しさを求め行く

五感の劣化

  (老人訓ー1)

 

 81才を前に・・・・運転免許証の書き換えを行った。

 認知症の検査など・・・・自分の五感が、どんな状態で有る(居る)のか、知る機会でもある。

 五感見る(視力)聞く(聴力)、舐める(味覚)、触る(触覚)、嗅ぐ(嗅覚)

 何と言っても運転は見ると聞く・・・・中でも見る(視力)の劣化は問題となる。

★視力検査・・・・視力そのもの、動体視力、視野、復元視力などを行う。

 で、思い知ったのが・・・・復元視力と追うのか、回復視力と言うのかである。

 暗闇の中で、パット光を浴びる、その後、何秒で物体が見え出すかの検査。

 若者が20秒なら、私の場合は50秒とか60秒とか・・・・。

 年齢と回復時間との相関グラフがあって、年令相応ではあったが・・・・明らかに劣化している。。

 で、今回、意を決したのは・・・・夜間運転はしない事、とした。

 夜間運転・・・・対向車の前照灯が目に飛び込む事は常。

 回復時間は遅い  当然、全てに危険

 この理解と行動・・・・天才老人の所以(ユエン)である。 

 凡句楽の自画自賛・・・・辞書持参である。

 つづきます。

 

 

 水を飲む

 

 

 

 

 

 

 

 

勝俣部長の「ため息」4689回・・・・沽券(コケン)

3月1日 金曜日

 

 

          茨城県水戸線稲田駅」 撮:2024.01

 

 

 天才老人美しさを求め行く

新聞かな・・・・

 

 天才老人凡句楽・・・・世の、日々の動きを知る拠(ヨリ)所は、新聞である。

 TVでニュースは見るが・・・・新聞に軍配があがる。

 今、盛んに騒がれ出したフェイクニュースとか・・・・。

 世を捨てた老人には・・・・ほぼ、関係の無い事ではあるが・・・・。

 例えば、日々、産経新聞を読み、世の動きを知る・・・・を。

 この先2年なり、3年なり続けて行った場合・・・・。

 あのニュースは・・・・産経の虚偽(フェイク)報道だった、と言う様な現実度は?

 数社に関する新聞に於いては・・・・先ず、有り得ないのではと。

  (1社は怪しいが)

 より広く、より深く、より詳細に・・・・などは劣るかも知れないが。

 世の動きを新聞で知る・・・・。

 フェイクか否かに関しては、一番安全では無いのか。

 それこそが新聞社の沽券(コケン)であろう。

  (沽券:産経は嘘つき新聞と言われたらご臨終

 そしてその沽券は・・・・。

 老人持つ沽券など及びも付かないほどの、安全さ、安心さである。

 ニュースソースとしては・・・・新聞が、老人には何よりである。

 さあ、今日も新聞を読もう。

 つづきます。

 

 

 水を飲みながら新聞を読む

 

 

 

 

 

 

 

 

勝俣部長の「ため息」4688回・・・・爺(ジイ)バカ

2月29日 木曜日

 

 

 

 

 天才老人美しさを求め行く

深大寺に・・・・

 

 当ブログに日々・・・・いろいろな角度からご意見をお寄せ下さる・・・・御仁様。

 深大寺螻蛄様・・・・産経新聞、読者投稿欄、「談話室」。

 投稿者「竹野勇次」様・・・・その人である。

 何度となく挑戦、投稿されているハズ・・・・と思う?

 倍率高く、なかなか一筋縄ではいかない。

 採用されるには・・・・文才文運が求められる。

 つまり果てしない・・・・文才人(ビト)であられる。

★その談話室・・・・子供版の「ひこばえ倶楽部」なる欄の日がある。

 週一度・・・・月曜日がその日に当たる。

 投稿は2つの方向・・・・①文章、②絵(イラスト)。

深大寺に在り・・・・続け、続け,続け、として来た・・・・天才老人凡句楽。

 当の本人は無力にありて・・・・その力を、一族に託し続ける。

 秘密兵器・・・・我が次男、下の女の子、中学生、13才、勝俣さくら。

 3日前、2月26日、月曜日・・・・ひこばえ俱楽部

 初めての投稿ゆえにか・・・・早速、掲載、されたのである。

  (本日のブログの写真、猫ちゃんの絵がそれである)

 にゃん、にゃん、ニャン・・・・。

 いい絵でしょう、と、聞きますから・・・・。

 い・い・え・と、言わないで・・・・おくれでないかい。

 ・・・・爺バカと言わずして、何と言う、のだ?

 つづきます。

 

 

 水を飲みながら 成長する

 

 

 

 

勝俣部長の「ため息」4687回・・・・生前と死後と

2月28日 水曜日

 

          茨城県稲田「磯蔵酒造」 撮:2024.01

 

 

天才老人美しさを求め行く

何故だろう

 

 天才老人凡句楽・・・・20年前、還暦を前に、

 二人の子に向けて・・・・一丁前に①辞世なるを発信した。

 20年後の今、最近・・・・言いたくて仕方が無かった、小言(コゴト)を書き認(シタタ)めた。

 私の場合、小言は・・・・②遺言(ユイゴン・イゴン)そのもである。

 そして本来なら③財産を・・・・。

 つまりは亡くなったならば、財産贈与となる財産を・・・・となるが。

 それは無(ム)だから止めた。

 ただ此処では・・・・③も有るとして進めるが!

 何を言いたいのかと言うと・・・・。

 ①②③共に・・・・死ぬ前なら死前となり

 ・死前(シゼン)辞世

 ・死前   遺言

 ・死前  財産贈与

となるのに・・・・?

 例えば生前贈与などと・・・・何故「生前」となるのだろうか?

 生前、生まれる前だから・・・・赤ちゃん以前じゃんか、

 ・漢字は無理だし、

 ・小言も思い付かないし

 ・財産は何も無いし

 そのクセ・・・・死んだ後の事は、

 生前に対しての、生後とは言わずに・・・・。

 ちゃんと死後の世界と言うじゃんな・・・・。

 さあ・・・・お答えして貰おうかな。

 つづきます。

 

 

 水が前後の境目かな 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勝俣部長の「ため息」4686回・・・・待てよ、持てよ

2月27日 火曜日

 

          茨城県稲田「磯蔵酒造」 撮:2024.01

 

 

天才老人美しさをめ行く

いよいよ枯渇

 

 新型コロナ・・・・の前。

 10年近く前に立てた・・・・壮大なるプチ旅行。

 母を訪ねて三千里・・・・をす。

 旧知を訪ねて三千里、なる・・・・我が凡句楽計画。

 生まれ故郷仲間、遠い縁者をも含む、学生時代仲間、会社時代仲間、得意先人(ビト)など・・・・その(ミナモト)。

 訪ねる相手の条件は・・・・お酒が飲める状態で有る事、居る事。

 丹後、静岡、山形、仙台、札幌、水戸・・・・その他、幾つかの三千里を訪ねて来たが?

 いよいよ源が・・・・枯渇しつつある。

 そこで一昨日~昨日のプチは・・・・酒は飲めずとも善しに、ハードルを下げた。

 それこそ旧知なる高校時代の友を訪ね・・・・小田原まで出掛ける。

 この小田原のプチが・・・・ほぼ最後となるぁも?。

 残念ながら・・・・今後、思い付く対象者は・・・・。

 四国、今治市に戻り住む・・・・学生時代の音楽サークルのコンダクターだけ。

  ・旧知度・・・・60年前、再会ならばそれ以来

  ・チェック度・・・・年は1個下、身体未だに健康、胃腸未だに頑強、酒未だに好き、

          毎夜未だに晩酌

 何とか実現するを・・・・自己祈願中。

 それまで待てよ、持てよ・・・・私も今治も、二人とも、待てよ、持てよ。

 てよ、てよ・・・・二人とも。

 待てよ、持てよ・・・・かなり変なお祈りであるが。

 心境である。

 つづきます。

 

 

 水を飲みながら チャンスを虎視眈々と