勝俣部長の「ため息」4683回・・・・藤井聡太さん

2月23日 金曜日 天皇誕生日

 

          茨城県稲田「磯蔵酒造」 撮:2024.01

 

 

  天才老人美しさを求め行く

聞くより見てしまった

 

 先頃、2月6日・・・・世界のオザワ。

 世界的な指揮者・・・・小澤征爾さんがお亡くなりになった。

 クラシックに多少興味がある・・・・天才老人凡句楽。

 直接聞きに行った事は・・・・残念ながら一度も無い。

 鮮烈だったのは・・・・22年前、2002年の1月1日、新年幕開け。

 オーストリア、ウイーン、学友教会で開催されたニューイヤーコンサート

  (日本人初の識者・・・・)

 テレビで見、聞き・・・・売り出されたCDを求めた。

  (外にCDは3枚ほど所有)

 さすがはNHK・・・・先頃、追悼番組として再放送。

 録画を撮り・・・・この2日間で、3回てしまった。

 既にこの世にいない為か・・・・聞くでは無く、小澤指揮者を見続けた。

 団員数、数十名、各員の楽器、各員の出番、音の強弱・・・・各員全楽器の全個性

 全部の曲の、全部を・・・・。

 言うならば・・・・家族数十人、全員の、全部の個性が頭に入っている。

 普通はあんちょこ(総譜面・スコアー)を指揮台に置くが・・・・オール空、譜面無し。

 指揮棒持たず、全身で指揮。

 海外の地で、毎晩、毎夜、毎晩、毎夜・・・・スコアーを覚えるのに集中した。

 と、書かれていた一文を思い出した。

 不思議である・・・・将棋の藤井聡太さんが重なってしまった。

 つづきます。

 

 

 水を飲みます

 

 

 

 

 

勝俣部長の「ため息」4682回・・・・小人(ショウジン)

2月22日 木曜日

 

          茨城県稲田「磯蔵酒造」 撮:2024.01

 

 

  天才老人美しさを求め行く

まあ 偉業んでも

 

     ★月日は百代(ハクタイ)の過客にして、行きかふもまた旅人なり。

      舟の上に生涯をうかべ、馬の口とらえて旅を栖(スミカ)とす。

     古人(コジン)も多く、旅に死せるあり。

 この見事なる人生描写は・・・・俳聖「松尾芭蕉」様の、「奥の細道」の書き出し

である。

 天才老人凡句楽・・・・仕事を離れて間も無く2年。

 酒飲み、のみ、の人生にて・・・・悲しみに暮れたりもす。

 そうだ1つくらいはと・・・・思い立ちて臨んだのが・・・・。

 多分、何処の家も同様であろうなる・・・・?

 膨大なる写真・家族写真の・・・・一大整理事業。 

 もうコレは・・・・レベル的には事業であるのだ。

 仕事終える  写真整理就く  苦節1年8カ月  先頃完了

 B4版対応、ビニール袋綴じ、スクラップブック、1冊20袋、金1640円×2冊)

 ・1冊目:凡句楽の生涯編 ・2冊目:子供と共の編

 2冊に集約せり。

 残り段ボール箱×2箱分の写真・・・・全写真枚数の95%相当、廃棄処分す。

 本棚に2冊のスクラップブックが・・・・すっきりと並ぶ。

 もうコレは小人(ショウジン)にとっては・・・・偉業になるのだ。

  詰まらぬ奴さん

 さてさて松尾芭蕉先生・・・・江戸を立ちて数十日。

 旅の終わりは岐阜県は・・・・今の大垣。

 仕舞の句と言うのか、終句と言うのか、締め句と言うのか分かりませぬが・・・・。

   蛤の ふたみに別れ 行く秋ぞ

 これまた痺(シビレ)れまする。

 片や、酒飲み凡句楽・・・・終ダジャレ文、儘ならず。

 ながら・・・・一応は辞世とすっか、が・・・・。

   我酒に 溺れし日々となりぬれど 感動 綴るは 子らの業なり

 デタラメ凡句楽様・・・・唯一の人生の偉業、オメデトウさん。

 何処までも・・・・自画自賛しか持てぬ男であるのだ。

 閑居して、不善は余りしませぬが・・・・小人である事は疑い無し(涙)

 つづきます。

 

 

 水が 美味しいね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勝俣部長の「ため息」4681回・・・・余情残心

2月21日 水曜日

 

          茨城県稲田「磯蔵酒造」 撮:2024.01

 

 

   天才老人美しさを求め行く

1つ2つの違いが

 

 昨夜・・・・昭和12年(1937ネン)生まれさんと、同14年(1937ネン)生まれさんの

2人をお招きした。

 今年87才、85才、そして私が81才・・・・老人3人の酒宴の開催である。

 年齢差6才と4才。

 世間一般では・・・・皆、老人、お年寄りと言われる。

 話しが進む中、この年齢差・・・・かなり違う事が鮮明になった。

 その代表が・・・・戦争、疎開体験。

  (差し詰め今は避難体験か)

 一人が福島、一人が静岡・・・・それぞれに疎開したと言う。

 天才老人凡句楽・・・・端(ハナ)から疎開していると同じ、辺鄙(ヘンピ)極まる田舎育ち。

  (どうせ深大寺螻蛄様が物申すだろう)

 ではあるが・・・・この疎開経験(体験)、様々な事情とその記憶・・・・。

 とても老人、お年寄りなどと・・・・一派一括(クク)りには出来ない。

 老人Aさん、老人Bさん・・・・それぞれと酒を飲み、話しをした。

 翻(ヒルガエ)っては・・・・今時の若者も同様であろう。

 若者などと・・・・一括りはダメである。

 それぞれが違い、それぞれが呼吸する。

 その個性の違いを味わうには・・・・リモートではダメ。

 今の世・・・・何かが抜けている。

 そんな思いの残る・・・・酒宴であった。

 また話しましょう・・・・またお話がしたいですね。

 こう思う気持ちを・・・・茶道では「余情残心」と、言うらしい?

 貴方とお会い出来るのは、この今だけ、の心が・・・・一期一会

 言葉は理解出来るが・・・・とても、とても?

 つづきます。

 

 

 静かに水でも飲みましょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勝俣部長の「ため息」4680回・・・・必需は需要の母

2月20日 火曜日

 

           茨城県「磯蔵酒造」 撮:2024.01

 

 

天才老人美しさを求め行く

 網 戸

 

 住まいの集合住宅・・・・築、約50年。

 昨年10月より長期修繕に取り掛かっている(5月一杯まで)。

 今回の修繕・・・・目玉の1つが、各戸、3か所ある、窓・窓枠の総取替え。

 我が家は既に施工済み。

 3時間程度で作業が終わるのだから、誠に見事なモンである。

 3つ全部に・・・・網戸が併設されている。

 網戸・・・・一瞬、有るのかと見誤るほどの存在。

 しかも、隙間無しのフィットさ。

 見るからに防虫効果有り。

 さすが現在・・・・50年前の網戸とは全く違う。

 ところで、この網戸の海外動向は?

 東南アジアの一部以外・・・・必需、の感は薄い様であるが・・・・。

 日本ほど湿気が無いとか、余り虫が居ないからとか、窓の大きさが違うからとか・・・・。

 パリの家には網戸は無いとか・・・・ニュージーランドにも無いとか?

 何れにしても・・・・理由がイマイチ分からない。

 海外から日本に来るお客様・・・・ホテルには網戸は無いし。

 海外には・・・・日本よりは、遥かに虫が多い国も有る様にも思うし。

 日本の網戸文化・・・・実際、どんな思いを持つのだろうか・・・・。

 網戸と殺虫剤を併せて・・・・海外需要を掘り起こす?

 必需は需要の母・・・・こんな言葉は無いか?

 本日は、素朴な疑問で終わります。

 網戸の海外事情・・・・どうなんだろう。

 つづきます。

 

 

 水は いつも美味しい

 

 

 

 

 

 

 

 

勝俣部長の「ため息」4679回・・・・2つの人種

2月19日 月曜日

 

          茨城県稲田「磯蔵酒造」 撮:2024.01

 

 

  天才老人美しさを求め行く

老若一番の違い

 

 老人と若者・・・・一番違うのは何だと思いますか?

 こう問いかけたら・・・・。

 体力・・・・間違いなく正解の1つだろう。

 気力は必ずしも、指導力も必ずしも・・・・。

 他は「必ずしも」が付く、かもな。

 ただ、斜に構えて見ると・・・・体力を凌ぐ、圧倒的に違う事象がある。

 ・たった1日で良いから スマホに触れない事

  貴方 出来ますか?

 若者で・・・・「ハイ」と、明確に答えられる人がいるだろうか。

 何処かのテレビ局様・・・・昔、有った様な気がする100人に聞きました?

 100人ほどスタジオに呼んで・・・・試して戴けませんかね。

 因(チナ)みに・・・・天才老人凡句楽の行きつけの酒飲み屋。

 都合、5人の学生アルバイトさんに・・・・それぞれ日を改めて聞きました。

  「1日で良いから スマホに 触れずにおれますか」

  「無理です

 5人とも・・・・即答でした。

 返す刀で・・・・団地内、86才の呑み助さんに聞きました。

  「1日 冗談じゃない 毎日でも構いません」

 日本列島・・・・2極化の極みである。

 イヤイヤ、2つの人種共存・・・・である。

★せめて向こう10年で良いから・・・・。

 歩行中のスマホだけは・・・・止めて戴けませんかね?

 古い人種からの・・・・切な過ぎるお願いです。

 つづきます。

 

 

 老若 全く変わらず 水だけは飲む

 

 

 

 

 

 

勝俣部長の「ため息」4678回・・・・ルビを振れし

2月18日 日曜日

 

        東京ドライブ 左手「外務省」 撮:2024.02

 

 

  天才老人美しさを求め行く

 復活させたら

 

 天才老人凡句楽・・・・さいたま市南区内に住んでいる。

 区内に10団体近くの・・・・老人クラブが存在する、模様である。

 (住まいにも「白幡クラブ」があって入会)

 全部の団体を取り纏めるべく、南区役所が・・・・。

 機関紙・・・・「さいたま市南区老連だより」を発行している。

 年2回発行(3月・9月)

 住む白幡クラブからも、毎回・・・・短歌同好会の面々が作品を投稿し、掲載されている。

 見事なものである。

 なるほど、なるほど・・・・ここは一丁とばかし・・・・。

 今3月号に・・・・我が川柳風エッセイ、短編2点、昨年11月に投稿。

 一昨日連絡があり・・・・2点とも掲載されるとか(原稿が枯渇しているのだ?)

 送られて来た初稿ゲラを見て・・・・一安心。

★2作品、9箇所の漢字・・・・ルビを振って送ったのであるが・・・・。

 全箇所に・・・・その通りにルビが振られているのだ。

 小さい頃・・・・父親が揃えていた講談本(荒木又右エ門とか、岩見重太郎とか)

 難しい漢字があったが・・・・全部、ルビが施されており、自然に覚えた記憶が残る。

 ・漢字の  平仮名(ヒラガナ)化を即刻中止

 ・漢字の   → ルビ振り化

復活させるべし。

 ・漢字・・・・ことわざ、は  、でルビを振れし

 ・漢字・・・・まぶしい、は  しい、でルビを振れし

 ・地名・・・・勝どき、は  勝鬨、でルビを振れし

 ・地名・・・・しのばす、は  不忍、でルビを振れし

 全く以て日本・・・・あれもこれも、何で、こんなになってしまうのだろう。

 バカ、間抜け、トンマ。

 つづきます。

 

 

 水でも飲みましょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勝俣部長の「ため息」4677回・・・・コレが政界

2月17日 土曜日

 

       東京ドライブ 建国記念日「右翼街宣車」と遭遇 撮:同乗者 2024.02.12

 

 

  天才老人美しさを求め行く

一斉にお願いします

 

 国会・・・・自民党の裏金問題で大揺れ。

 国民の目・・・・あれだけ続々では、(イブカ)るのは間違い無いだろう。

 その雰囲気を読んでいるから野党・・・・鬼の首を取った様に激しい。

 確かに野党様の読み通り・・・・矛先は、当の自民党に向くだろう。

 ただ訝る国民の目の中には・・・・。

 野党様よ、規模は小さかろうが、お前さん方も同じだ様なモンだろう、も有ろう。

 この際・・・・党派の別なく、議員全員が、掛け声を合わせ、一斉に開示したら・・・・。

 コレは自民党を擁護してでの事ではありません。

 人間、総じて、お金には汚し・・・・である。

 知事さんも、市長さんも、町長、村長・・・・人間、皆、皆、お金に汚い。

 脱税、脱税、脱税・・・・騒がれぬ事は一度として無し。

 ・職業に貴賤無し、は、間違い

 ・お金の汚さに貴賤無し、コレ正解・・・・いやいや、コレが政界

 天才老人凡句楽・・・・55年前、空出張で、旅費精算した事がありました。

 ゴメンナサイ・・・・自民党のせいで、俺まで謝る事になってしまったじゃんか。

 チキショー。

 つづきます。

 

 

 水で 更に清めます