勝俣部長の「ため息」3772回・・・・余裕綽綽(シャクシャク)

f:id:bon-ku-ra:20210731171140j:plain

            「白幡沼」夏 撮:2021.7


8月3日 火曜日

 

 

折角、生きてるだから

 暑さ 余裕

 

 何年前からだろう。

 夏、炎天下、猛暑、暑い・・・・当たり前

 この当たり前の気分に(心境)なれれば・・・・暑さに対して余裕が生まれると・・・・。

 そう考え・・・・今じゃ、暑さの余裕綽々(ヨユウシャクシャク)の状態。

 もっと暑くならんかなと・・・・。

 余裕度数の単位は・・・・へっちゃら、へっちゃら・・・・指数。

 内輪、扇子・・・・最近では超小型ハンディ扇風機。

 若い人たち・・・・駅まで歩いて行くのに、この扇風機をかざす。

 電車に乗る、スマホ、小型扇風機。

 例え僅かでも暑さから逃げようと・・・・1mmでも逃げようと。

 この心・・・・暑さに対する余裕度ゼロ。

 余裕度ゼロは、限りなく熱中症に結ぶ。

 あれじゃ暑いハズ・・・・くたばるハズ。

 どうするか・・・・。

 勝俣式「暑さ余裕度」作りは、簡単。

 心頭滅却方式とも言えるか・・・・。

  ・汗をかくことからげない事

  ・折角の夏だ 汗をかこう こう思う事

  ・一層の事 もっとんどんかけ そう思う事

  ・家に戻れば リセット(入浴、シャワー)出来るじゃん

 汗をかいてもいいや・・・・と思うだけで、暑さ余裕度が高まるから不思議。

 あの、小型旋風機を頼っている内は・・・・暑さの軍門に降り、熱中症へ、熱中症へ。

 さあ、今日も汗をかきましょう・・・・。

 バカと言うしか有りませんが・・・・効力有ります。

 摩訶不思議・・・・絶大なる効力がありまから・・・・。

 コーセ化粧品には・・・・スポーツ選手用(汗対策用)の化粧品もあるとか・・・・。

 素晴らしいじゃないですか・・・・。

 つづきます。

 

 

 大汗と水 夏の風物詩ですよ

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勝俣部長の「ため息」3771回・・・・能破壊

f:id:bon-ku-ra:20210731170959j:plain

            「白幡沼」夏 撮:2021.7


8月2日 月曜日

 

 

折角、生きてるだから

  MRI

 

 MRI・・・・年配者なら1度や2度経験した事のある、医療器具(機械)である。

 勝俣部長・・・・脳の真下、第一頚椎にガン(偽)が発症し、摘出手術したため、

年に一度、この機械の世話になって10年近くなる。

 受ける度に、狭さから来る圧迫感は別に何とも無いが・・・・。

 あの、猛烈な音は何だ。

 何でこんなバカでかい音がするのだ。

 バカでかい音を立てなければならないのか・・・・。

 いつも不思議に思う。

 多分、この機械の世話になった人なら、誰しも思っていると思う。

 それが2~3日前のニュースで知ったんだが・・・・どこかのメーカーが、小さな音の

MRI開発に成功したとか、何とか・・・・。

 それは有り難いが・・・・。

 ただこの機械、ろしい程高額だろうから、我々、一般庶民が受けれるのは、恐ろしい程先になるのであろう。

 詰まり後期高齢者には、極めて、非・現実的なニュースである。

 ニュースでは無い。

 ただ、いいさよう・・・・あの猛烈音の中にあっても、検査が終了すれば、

    「勝俣さん 終わりました」

 と、眠ってしまっていて、毎回、起こされるのだから・・・・。

 かなり高度な、猛烈音「子守唄転嫁能力」を有しているのだから・・・・強い、強い。

 自慢である。

 それにしても・・・・何であんなバカでかい、「能・破壊音」を立てるのか・・・・。

 MRIに因る「能破壊」・・・・有っても不思議では無い・・・・。

 つづきます。

 

 

 8月 水 いよいよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勝俣部長の「ため息」3770回・・・・大人過ぎて

f:id:bon-ku-ra:20210722170619j:plain

           「白幡沼」夏  撮:2021.7


8月1日 日曜日

 

 

折角、生きてるだから

 せめて・・・・

 

 既に何度目か分らなくなってしまった・・・・緊急事態宣言が、埼玉、神奈川、千葉県にも下される。

 明日、2日、月曜日から、末までと言う

 オリンピックの開催から離れている、大阪も同様であるから、オリンピック・・・・と言うには、いささか無理がある。

 個人的には、また、外飲みが不可になるのか・・・・実にどうでもいい問題である。

 実際には、どの程度の効果があるのか、疑問視する声もあるが・・・・。

 今回が本当に、本当の最後になってくれ。

 誰もが望んでいよう。

 その効果について言えば・・・・最後の(トリデ)は・・・・今のところワクチン。

 大方の専門家先生も認めている。

 であるならば、何故、日々の感染者数速報に、

  ・本日の東京の感染者数 4、321人

  ・内、ワクチン接種者 4,000人 

 などの様に、公表しないのだろうか・・・・それとも出来ないでのだろうか・・・・。

 更に接種速度が進めば・・・・40代以下の人に限って言えば、

  ・感染者数      3,000人

  ・内、ワクチン非接種 2、999人

  ・ワクチン接種者       1人

 せめてこの情報を知れば・・・・これから打とうとする、多くの若者の励みになるんじゃんな。

 罹患すると死に至るか、若しくは死の苦しみ・・・・救うのはワクチンのみ。

 この図式を徹底して叩き込む・・・・こりゃー、打たなくては・・・・なるじゃんな。

 打った人の数、打ってない人の数・・・・このくらいの調査の確認追加、そんなに大変なことなのか・・・・。

 それとも、実際は、思ったほどの効果が無いのかも・・・・。

 ふひゃー ろしい。

 私は大人ぎて・・・・今の「大人たち様」のヤル事が、理解出来ません。

 つづきます。

 

 

 水でも飲みましょう 真夏ですよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勝俣部長の「ため息」3769回・・・・躾

f:id:bon-ku-ra:20210722170514j:plain

            「白幡沼」夏 撮:2021.7


7月31日 土曜日

 

 

     折角、生きてるんだから

オリンピックⅡ

 

 2020東京大会・・・・真っ盛り。

 男子柔道、大野将平選手は期待した通りの連覇。

 拍手喝采

 勝俣部長・・・・全く違う意味で、是非、見たい選手が、もう一人いる(いた)。

 女子バドミント「奥原希望」選手。

 昨日、準々決勝で敗れたため、連覇を逃すと共に、再びコートに立つ事は無い。

 残念至極である。

 彼女の挨拶の仕方、礼の仕方、作法・・・・天下一品である。

 あのまま教科書に乗せ、挨拶・・・・乱れに乱れる今、お手本にしたらいい。

 勝っても、負けても、実に清々(スガスガ)しい。

 負けてしまったが・・・・拍手喝采

 多分・・・・親御さんのの賜物であろう。

 躾・・・・言いえて妙で・・・・「身」を「美」しくすると書く。

 その通り・・・・彼女を見ていると、実に美しい。

 悪い意味で用いる・・・・例えば勝俣君家(チ)の場合の・・・・「親の顔を見たい」。

 正しくは・・・・「身悪」と書いて「しつけ」と読む。

 奥原選手の場合・・・・この言葉を100パーセントひっくり返して・・・・親の顔を見たいものである。

 大野、奥原・・・・両選手に拍手喝采

 つづきます。

 

 

 仕方が無い 感染者数に関係なく 水を飲みましょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勝俣部長の「ため息」3768回・・・・八つ当たる

f:id:bon-ku-ra:20210722170647j:plain

            「白幡沼」夏 撮:2021.7


7月30日 金曜日

 

 

折角、生きてるだから

 何処に何が

 

 表現は適格で無いが・・・・新型コロナウイルス、2年目半ばを驀進中。

 打つ手、打つ手をなぎ倒し、猪突猛進中。

 首都圏等・・・緊急事態に舞い戻る(だろう)。

 東京、1000人、2000人、3000人・・・・日々、「騒がれ度」が増す。

 ワクチン効果の証明か・・・・感染者、圧倒的に若者にシフト。

 と、ここまでは分る。

 分るよ・・・・いいよ、分るよ。

 ところがその先、その先・・・・何処で、どんな具合に感染したの。

 となると・・・・イマイチどころか、トンと分らない。

  「何々の塊が あそこで こうしたから 感染したん、

 この「だ」が、知りたいのに・・・・「だ」を知らせろよ。

 知らせろし・・・・。

 分るのは、日々の感染者数と、困った、困った、と言う事だけ。

 とにかく、酒、酒、飲み屋、飲み屋・・・・のみ、盲(メクラ)滅法に狙い撃ち。

  (禁止用語でした 失礼)

 飲み屋は無法者・・・・理由なき発砲、射殺の感。

 舞台は西部劇・・・・縛り首。

 専門家の皆様・・・・専門家様。

 その資格証明を見せてよ、見せろよ、見せろって「」。

 「だ」か「ば」・・・・どっちでもいいから見・せ・ろ・「し」。

 それとも何かい・・・・モグリかいな。

 暑さの中、八つ当たってしまいました。

 つづきます。

 

 

 暑くとも 後8週間程度 水です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勝俣部長の「ため息」3767回・・・・ぼっこ

f:id:bon-ku-ra:20210722170627j:plain

            夏「白幡沼」 撮:2021.7


7月29日 木曜日

 

 

  折角、生きてるだから

ふひゃー 懐かしい

 

 我が雑本・・・・の関係から、全く記憶の無い、高校時代の同級生をる事となった。

 1年生時、山梨県立「巨摩(コマ)高校」。

 2~3年時、山梨県立「吉田高校」。

 たった3年間の高校生活・・・・2つをマタイのだから、どっちとも、どっちともつかずで、極めて中途半端となる。

 しかも硬式野球、甲子園、一応、建前、恰好だけは目指し、猛特訓。

 友は野球・・・・人は次、記憶いっさら無し。

 (済みませんです)

 唯一知る仲間に雑本を送った・・・・その仲間の仲間に渡る。

 そしてその仲間が、また違う仲間へと・・・・。

 流れ流れ届き・・・・雑本を通して知った、吉田高校の同級生(女性)様。

 この方が、実に素晴らしい文章を書く(方)であったのだ。

 そして昨日・・・・2冊、この方(カタ)作の本を受け取った.。

 既に、第1作から第8作まで製本してるのだから凄い。

 と、ここまでは長い前提でした。

 本日の本題は今から・・・・多分、螻蛄さんの餌食になりそう。

 そのほんのタイトルが・・・・何と「ぼっこ」。

 瞬間分らなかったが・・・・蘇る、蘇る。

 ぼっこ・・・・使っていた、使っていた。

    「もう ぼっこ になってしまった」

 山梨方言で・・・・古くなったもの、悪くなったもの、上等でないもの。

 総じてダメな物(になっちゃった)かな。

 お後は・・・・螻蛄先生に託しましょう。

 それにしても・・・・超・かしい言葉に出会った。

 年で体が「ぼっこ」にならない様に気をつけます・・・・ハイ。

 つづきます。

 

 

 今日も 水と共に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勝俣部長の「ため息」3766回・・・・嫌な風潮

f:id:bon-ku-ra:20210704163353j:plain

 東京「港区立郷土歴史館」前の目黒通り 撮:2021.7 このシリーズ「完」


7月28日 水曜日

 

 

折角、生きてるだから

  自己判定

 

 今年の夏・・・・その暑さ。

 恐れず言うと・・・・騒ぐほど暑くは無い。

 熱中症になるなんて・・・・袈裟。

 現代版・・・・(私から言うと)嫌な風潮が騒ぎ立てているだけ。

 この嫌な風潮・・・・何でもかんでも襲い、実際を惑わす。

 今真夏・・・・自己判定の結論。

  ・毎朝5時から 小1時間柔軟体操を為す 

  ・玄関ドアを開け ベランダ側のガラス戸開け 風を通す

  ・小型扇風機を回す

 腹筋50回運動時・・・・頭の裏に当てた両腕、二の腕、やや下に、必ず汗がる。

 が必ず滴る・・・・それが真夏。

 今年は未だ、1度も無し。

 着ているシャツ・・・・運動終了後、何はさて置いても着替えに回るが・・・・。

 その気分、今年は1度とて起こらず。

 冷静に、冷静に・・・・嫌な風潮に惑わされず自己判定すると、炎天下、日中2時前後でさえも、大した暑さでは無い。

 木陰に入れば、簡単に一息とれる。

 嫌な風潮に脅迫された夏。

 だらしのない夏。

 力の無い夏。

 そんなもんに・・・・熱中症は仮病的反応。

 嫌な風潮の犠牲者。

 それとも、俺、暑さに対す感じ方が・・・・最早、機能して無いのかも。

 キャー 怖い。

 皆さんのご意見は如何です・・・・。

 つづきます。

 

 

 良質の水を飲みましょう 頑張れオリンピック日本