勝俣部長の「ため息」4239回・・・・1%未満男子

11月28日 月曜日

 

           国立競技場 周辺 撮:2022.11

 

 

    折角、生きてるだから

パソコン教室 報告

 

 5月半ばから通い出したパソコン教室。

 これまで何度か、経過報告をさせて頂いた来ましたが・・・・。

 個人としての見通しが見え出し・・・・来年1月を以て区切りを着ける。

 事にしました。

 教室側・・・・生徒は金の卵、当然、引き留めに躍起となる。

 様々に・・・・言うならば、食いつきたくなる(エサ)をまき散らせて来る。

 ウムウム・・・・確かに覚えれば、覚えられれば素晴らしい、と思う。

 魅力溢れるプランに思う。

 ただソレが、自分のどの辺りに役立つのか・・・・で判断すると。

  ・今まで習って来た事は 日々 大いに役立つ 駆使出来る

 は、疑いのない事実であるが・・・・。

 新たに習得するプランの素晴らしさは・・・・。

 この先、50年生きたと仮定しても、実際に生きるかも知れないが・・・・。

 130才まで生きたとしても・・・・少しも、いっさら、一度として、使う場面は起きないだろう・・・・。

 会得した技術が・・・・を見る事は無いだろうと・・・・。

 私にとってはご提示戴くプランは・・・・掲揚される事の無い日の丸ですから・・・・。

 前後の筋書きを省略し・・・・掲揚されない日の丸と、言うだけに留めているから、

教室側は意味不明として、している様にも見える。

 考えたらは・・・・自分の全搭載機能(能力)の、ほんの一部を駆使して生きているの

に過ぎない。

 能力だけに限らない、持つパソコン、持つスマホ、持つ何々・・・・全てが、ほんの

一部を駆使するに過ぎない。

 表現として私は・・・・未満男子である。

 その点深大寺様は・・・・その個性溢れる豊かなコメントを見る限り・・・・。

 搭載機能の・・・・ほぼ100%(以上)をお使いになられている・・・・。

 100%男子・・・・お見事と言う外は無い。

 羨ましいぞ・・・・チャチャチャ。

 つづきます。

 

 

 水は美しい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勝俣部長の「ため息」4238回・・・・不適正身体

11月27日 日曜日

 

             国立競技場 撮:2022.11

 

 

折角、生きてるだから

  例年報告

 

 勝俣部長・・・・本年もることなく、一連の健康診断を実施致しました。

 5月よりパソコン教室に通い始めた事もあり、眼科健康検診も行いました。

 加齢ともなる白内障緑内障、視力とメガネの適正度、等・・・・異常無し。

 まだまだ勉強が足りませんよ、との事でしょう。

 血圧と歯科については年間を通して実施中。

 胃カメラ大腸内視鏡、肝臓等の内臓エコー検査・・・・全てクリアー。

 肝臓については、かなりしつこく状態を聞いたのですが、問題は無い、との事です。

 今年もまたお酒と肝臓、肝臓とお酒・・・・サンプルを勝君に限定する限り、因果関係は無し、となります。

 世のため人のための不適正身体・・・・の証明でした。

 以上・・・・例年の11月報告です。

 間も無く師走・・・・無職者さえ、心忙(セワ)しく、日経ちぬ。

 つづきます。

 

 

やはり肝臓には 水が良いのかもです・・・・肝臓を患う大酒飲みの皆様へ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勝俣部長の「ため息」4237回・・・・ジャリ感

11月26日 土曜日

 

            千駄ヶ谷駅付近 撮:2022.11

 

 

 

折角、生きてるだから

実に巧い喩(タト)

 

 (タト)えて・・・・言う事。

 ある事象を違う例によって、分かり易くして伝える術・・・・敢えてとする。

 何度か書いたが・・・・ほんの僅かな量を譬える言い方・・・・「雀の涙」ほど。

 感心してしまう。

 多分、それぞれの国に、様々な喩えが有るのだと思う。

 2~3日前から冒頭に掲載し始めた写真・・・・国立競技場

 肖(アヤカ)って・・・・「喩え言い方」オリンピック。

 そんな競技は無いのだろうか・・・・。

 昨夜金曜日・・・・いつものルーチンでパソコン教室の帰り、武蔵浦和駅の飲み屋に立ち寄る。

 出されたおし(勿論有料)・・・・アサリの吸い物。

 このお店、このお通しを良く使うがとても気に入っている。

 早速、汁をすすり、アサリの身を出し口に入れる。

   ジャリ・・・・ジャリ

 味は良くても・・・・とても食べられ無い。

   ジャリ

 ダメ、砂出しが不十分。

   ジャリ

 投げ捨ててしまいたい・・・・気分、最高に憂鬱。

 砂を噛む様な生活、毎日・・・・このジャリ感生活が生涯続く。

 目の前のアサリのジャリ感は簡単に終わるが・・・・貴方とのジャリ感はずっと、

ずっと・・・・終わりの無いジャリ感。

 絶対にだ・・・・こんな仲は解消、絶対に解消すべきだ。

 それにしても、実に巧い喩え方である。

  ・最近どうだい・・・・それが上手く行ってなくて、喧嘩ばかしだよ

  ・より・・・・毎日砂を噛む様な生活さ

 とても分かり易い。

 そうだ・・・・喩え言い方オリンピック、日本代表は・・・・「砂を噛む様な生活」で決まり。

 見習い中の若い板前さんに声を掛ける。

  あのさ、砂を噛む様な生活って言い方が有るんだけど、意味分かる

 そんな言い方が有るんですか・・・・。

 聞いたのが失敗だった。

 砂を噛む事態を引きずってしまったのだ。

 オリンピック参加からは外します。

 つづきます。

 

 

水で口を洗います ああ 水を差す様な生活 有ったっけ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勝俣部長の「ため息」4236回・・・・時代は縁故採用

11月25日 金曜日

 

            千駄ヶ谷駅前 撮:2022.11

 

 

折角、生きてるんだから

  何か変 だよ

 

 ここ2~3日、ニュースになっている「替え玉受験」。

 ウェブ就活とやらがどんなモノか分からないが・・・・。

 :要するに、入社を希望する学生・・・・試験に合格する自信が無いから、出来る

   他人に頼み、自分に変わって合格を目指そうとする魂胆行為

 :ウェブ試験に自信の無い学生に目を付け、お金を出せば俺が変わって受けて

   上げるからと誘う行為

 AもBもどっちもどっちもと思うが・・・・。

 テレビや新聞などの論調はからの見方で、悪は行為者、関西電力社員殿、

 ハイ御用

 で、一件落着、事も無し。

 そうか~、が・・・・へそ曲がりの勝君・・・・そうか~。

 姑息な手段を講じてまで入ろうとする・・・・社員を(アブ)り出してくれたんだから。

 あんたんとこ、そんな社員、必要か~。

 主体は姑息な受験生であるべきだ・・・・だって既に大人、大学生だろう。

 そんな姑息さも判断つかないんだ。

 そんな未熟者・・・・要らないじゃん。

 そんなウェブ何とかの試験なんかより・・・・ずっといい方法があるさよ。

  ・現社員関係者採用

  ・身内重視採用

  ・二世重視採用

 昔よく言われた縁故採用・・・・これこれ。

 IT真っただ中・・・・時代は縁故採用だわさ。

  貴方のご子息さんなら、貴女の縁者さんなら、貴方の関係者さんなら

 ウェブ何とかより遥かに正確に人物評価が出来るっつうものよ。

 現社員に担保するこの縁故採用・・・・米国式何かより遥かに優れているから・・・・。

 正確に人物評価が出来るわな。

 犯人がどうであれ・・・・姑息な手段追求者が悪い。

 いやいや、そうだは無いってか・・・・。

 一等悪いのは・・・・そんな論調でしたり顔して書く、だ。

 ええ、俺の事か・・・・納得

 つづきます。

 

 

 水を飲む

 

 

 

 

 

勝俣部長の「ため息」4235回・・・・戦争かもな

11月24日 木曜日

 

           JR千駄ヶ谷駅前 撮:2022.11

 

 

折角、生きてるだから

 半・非国民

 

 昨日、11月23日、勤労感謝の日、終日重い曇天日・・・・。

 反して・・・・朝、のっけから、NHKの気合いの入り方が凄かった。

 中東カタールで始まったサッカーのワールドカップ

 日本チーム、初戦登場、NHK自局が放映。

 と、あってはさ然(サ)もあらん事かも知れないが・・・・。

 それにしても凄まじい。

 ただ・・・・「折角、生きてるだから」を心情とする勝君でも、夜10時からの映像を見るのは絶望的

 コレだけの国民的大騒ぎイベントを、みすみす見逃すとは・・・・。

 大昔の言葉「非国民」を思い出し・・・・自らで自らに、その称号を冠した。

    お前は 非国民である

 ところが勝俣部長・・・・先週末の名古屋旅行以降、特に左足の筋肉痛に見舞われている。

 昨夜も、自分で決めた自宅入院仕様で早目の睡眠。

 どうだろう・・・・5時間と少し寝入った11時過ぎ、トイレで目が覚めた。

 自己命名と言えども、非国民呼ばわりが気になる勝君、NHK、スイッチオン。

 ウエ~ 日独戦サッカーが大佳境。

 そのまま・・・・「目はパッチリと 色白で 小さな唇愛らしい」勝君、試合終了まで見てしまいました。

 故(ユエ)を以て・・・・自己命名の非国民を「・非国民」に訂正致しました。

 日本が勝ち、我も「半・非国民」に昇格し・・・・めでたしめでたしです。

 それにしてもサッカー・・・・政治手法も、イデオロギーも超越した、唯一の国家国民

コンセンサスかも。

 ある意味スポーツ大会と言うより・・・・戦争に近いかもな。

 であれば・・・・非国民なる言葉は的を射てるかもなと・・・・。

 つづきます。

 

喉の渇き 水を飲む

 

 

 

 

 

 

 

勝俣部長の「ため息」4234回・・・・微少福

11月23日 水曜日 勤労感謝の日

 

         国立競技場駅「JR千駄ヶ谷駅」 撮:2022.11

 

 

折角、生きてるだから

 確かに・・・・

 

 3~4日ほど前・・・・一流料亭、総料理長、絶賛する吸い物(味噌汁)の事を書いた。

 裕福とは言えない・・・・言い方を換えれば、ほんの少しだけの、それも最低限と比較して微少福の・・・・3名

 凡、螻蛄、みっくん母の感想。 

 そんな宣伝に出る様な総料理長・・・・。

 その方が総監督する・・・・そんな料亭に行って食する気にはなれない、だった。

 訂正しておきます。

 正確には・・・・行きたい気持ちは有っても、行けないのです。

 昨夜、そのブログを読んでくれたある御仁様。

 飲み屋のカウンターで肩を並べた。

 彼(イワ)く・・・・似た様な話だがとして・・・・。

 その御仁殿の、知り合いの体験話し・・・・。

  ・体が不調で個人病院に行った

  ・診察室に入って驚いた

  ・至る所にユンケルやらリポDドリンクが並んでいる。

 先生の一言。

  ・コレを飲まなきゃ、とても持ちませんと。

 その御仁殿の知り合い様・・・・その後、その病院に行って無いそうである。

 世の中・・・・他愛に面白く 事も無し

 つづきます。

 

 

 さあ ユンケルで無く 水を飲みましょう

 

 

 

 

 

 

 

 

勝俣部長の「ため息」4233回・・・・俺は年寄り

11月22日 火曜日

 

    やや時代的な現役の電話ボックス 撮:JR川口駅 撮:2022.10

 

 

 

折角、生きてるだから

  自宅入院

 

 勝俣部長・・・・かな昔より自宅での生活を「普通生活」と、「入院生活」とに分けている。

 入院生活は滅多に無い事ではあるが・・・・。

 先週の金~土・・・・名古屋、小牧、犬山に行って来ました。

 19日、土曜日、午前中、晴天・・・・最古の木造のお城と言われている「犬山城」に行きました。

 小振りのお城で、てっぺんの天守まで登らせて貰える。

 デパートなんかのビル階段と違い・・・・オーバーに言えば垂直的上り下り運動。

 天守まで5層・・・・階段の距離はそれぞれに無いが、5度の垂直上りと、5度の垂直下り歩行。

 帰宅した次の日・・・・特に左足にモロ筋肉痛が走る、痛いと言うより、歩行困難。

 たまらず・・・・超久しぶりに自宅入院法を適用、自己命令す。

 一昨日と昨日・・・・18時がベッドインタイム。

 食事はやや犠牲となるが・・・・そんな事は言ってられない。

 特に左足、脹脛(フクラハギ)、太ももに・・・・休息、休息、休息命令。

 自宅入院の効果有りてか・・・・今朝は、幾分かの良化を見る。

 何れどんな処置を施そうとも・・・・反応しない体にはなるだろうが・・・・。

 自宅の「普通」、「入院」の生活概念・・・・案外、功を奏すと思いますよ。

 皆様、お一つ如何でしょうか。

 それにしても、俺は年寄りだと言う自己診断のさから・・・・ひどい目に合いました。

 でも、本日パソコン教室には行って参ります。

 つづきます。

 

 

 水共に 筋肉痛