勝俣部長の「ため息」4778回・・・・何が消え行く

5月30日 木曜日

 

            JR新橋駅 撮:2024.04

 

 

天才老人美しさを求め行く

そう言えば

 

 退職してから・・・・中古のに乗っている。

 それこそタマに・・・・先日の山梨行の様な事もあるが。

 せいぜい都心部、後は近場を走るだけだから・・・・十分である。

 この軽、と言うより私の軽・・・・難点はクーラー。

  (前の所有者が事故ったかも?)

 予想されている今夏の猛暑に、果たして、運転手様が耐えられるのか?

 クーラーのみ総取り換え・・・・

  ・そんな事が可能か

  ・日数は

  ・予算は

 ちょい聞きたい。

 と思い考えたら・・・・。

 街の修理屋さん、いわゆる個人的な修理屋さん・・・・。

 何処にも一軒くらい必ず有った町の修理屋さん・・・・いつの間にやら一軒も無し。

 自動車メーカーが販売から、点検、修理まで、完全に組織化している。

 半年検査、1年検査、車検まで・・・・オールセットの料金体制まである。

 街(町)から文具屋さんが消え、本屋さんが消え、靴磨き屋さんが居なくなり・・・・。

 小規模な自動車修理屋さんが消えた。

 儚(ハカナ)くも・・・・消え行くモノは、どんどん続く(だろう)

 に、何がえ行くだろう・・・・。

 実に興味が湧く。

結論

 そう経たずして・・・・自分だな。

 さあ、猛烈なる新鮮な日々に、挑戦しよう・・・・。

 ピンポーン。

 つづきます。

 

 

 水は流れ行くモノ・・・・それが自然である