勝俣部長の「ため息」1283・・・・分かる よな

8月1日 金曜日

                                                  
                                                     (エイト艇「戸田ボート競技場)



好き勝手に 言いたい放題
夏 太めの風景


 勝俣部長、・・・・あくまで自分の事として振りかえる。
 かって体重77kg時代、・・・・腹回り93cmあった。
 当時の夏、Tシャツを着て外出するときは、Tシャツの裾はズボンの上に(外側に)垂らして着た。
 幾らかでも、腹の出っ張りを隠そうとする気持ちが有ったからだ。
 何も、腹の出っ張りは人が作ったものでは無く、自分で営々と築いた結果からだから、堂々と示せばいいものを・・・・。
 自分でも、サモシイなと、思う気さえしていた。
 今の今の真夏、・・・・それなりに見渡すと、概して、・・・・あくまでも概してであるが、多くの男性諸君と言うか、オジサン達、・・・・
  ・太目さんはTシャツの裾を ズボンの外に垂らし
  ・細目さんは ズボンの中に仕舞いこむ
 やはり、出っ張りを隠そうとする気の現れだろうか、・・・・。
 勝俣部長、かっての77kgは63kgに・・・・ウエストは82cmになった。
 先頃の団地祭(7/26)、・・・・珍しく2日間ともTシャツで居た。
 勿論Tシャツのは、堂々とズボンの中に突っ込んだ形でである。
 真夏、男性諸氏、Tシャツ、・・・・感情の一つが現出する 風景である。
 つづく。


 さあ 水を 飲もう