勝俣部長の「ため息」2537回・・・・困った人も居る

4月24日 火曜日

f:id:bon-ku-ra:20180413111739j:plain

            さらば「米沢」 また今度

 

 

好き勝手に 言いたい放題

働き方改革

 

 ・放って置いて下さい 働くのがきなんだから

 ・放って置いて下さい 24時間う積りですから

 ・放って置いて下さい 休みが寧ろ痛なんですから

 ・放って置いて下さい 週一回の休みが 一番休みになれますから

 世の中には困った人も 居るんだよなあ・・・・。

 つづく。

 

 働き動いた後の水 美味いんだなあ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勝俣部長の「ため息」2536回・・・・岐路

4月23日 月曜日

f:id:bon-ku-ra:20180413105147j:plain

                上杉神社

 

 

好き勝手に 言いたい放題

どう考えるか

 

 勝俣部長・・・・思うのである。

 日々向かうと言うか、突き進むと言うか・・・・人生を進める上で、

  ・どう考えるかで

  ・考えた結果の行動で

  ・5年とか 10年とかの

  ・その積み重ねで

 かなり違った人生を歩む事になる・・・・そ思う。

 例えば、食事は可能な限り自分で作る・・・・その方が豊かな心になれる・・・・そう考えて何十年・・・・。

 実際心が豊かになった、と、自分で思う(決めつけている)。

 考え方一つ・・・・よく言われる言葉であるが・・・・その通りだと思う。

 何でもいように思うが・・・・「どう考えるか」、実に大切な人間のポイント(岐路)となる。   

 つづく。

 

 

 さあ 水を飲みましょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勝俣部長の「ため息」2535回・・・・楽しみな時代

4月22日 日曜日

f:id:bon-ku-ra:20180413103233j:plain

               米沢「上杉神社

 

 

好き勝手に 言いたい放題

  現役で失業

 

 貴方の興味は何ですか・・・・。

 10人10色・・・・千差万別であろう。

 と、言う事で、自分自身を振り返る。

 お酒(日本酒)と・・・・即答出来る筈が・・・・何処か違う。

 そう、50年一筋の営業と、お酒とを絡めると・・・・勝俣部長の興味は・・・・「」そのものにある(と思う)。

 商売(性)の多寡よりも、相手の「人(人間性)」を知るのが嬉しい。

 その人の考え方(思考)と、それに基づく行動に・・・・凄く興味を抱く。

 で、50年も営業が続けられのだと思う。

 ところが昨今は・・・・人と人の繋を、不要とし出してしまった。

  ・機械と機械

  ・記号と記号

 相手の人間性なんか(血の通いなんか)・・・・問う必要は、いっさら無し。

 その傾向は、次第に強くなる。

 へんに人がしゃしゃり出ると、何とかハラスメントとか、言われてしまいそうである。 

 人が人である事を、放棄せざるを得ない・・・・それこそが効率的であり、楽だと言う時代・・・・。

 と言う事で勝俣部長・・・・現役生でありながら年々、日々・・・・失業の度合いを色濃くし行く・・・・給料ドロボーの比重が高まる。

 ただ思うが・・・・その現象は・・・・い人(ビト)を量産するだけだ。

 想像出来ない事件がどんどん発生する。

 そう思えて仕方が無い・・・・。

 そう見ると・・・・しみな時代である・・・・。

 つづく。

 

 

 外に出て 緑を貰い 水を飲みましょう 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勝俣部長の「ため息」2534回・・・・不健康車両

4月21日 土曜日

f:id:bon-ku-ra:20180413101953j:plain

              米沢「上杉神社(城)」

 

 

   好き勝手に 言いたい放題

どうにも 落ち着かない

 

 新型「山手線」。

 颯爽と登場。

 したものの、トラブル続きで、ほんの顔見世興行で引っ込んしまった。

 やっとここに来て、かなりの新型車を見る(る)から、トラブル要因は、どうやら落ち着いたのであろう。 乗車する・・・・いっさら落ち着かない。

 トラブルの落ち着きとは真反対に・・・・乗る方は(多分私だけかも)、全く落ち着かないのである。

 極端な言い方になるが・・・・けばけばしい色彩の中に、押し込まれるのだ。

 向かい席の網棚の背面には、3区分された枠があり、映像が頻繁に動き、画面が変わる。

 まあ、協調したのであろうが・・・・優先席前の床は、色を変えて強調。

 どなたか一度調べて欲しい。

 旧車両と新型車両・・・・乗客の睡眠比率を・・・・。

 新型は睡眠不足車両・・・・つまり健康車両・・・・つまり寝台車には不適。

 や、や、や・・・・新しいものに全く馴染めない・・・・やはり私だけが、可笑しいのかもな・・・・。

 是非一度、ご乗車して見て下さいまし・・・・まし。

 つづく。

 

 

 今 とても良い時期 外に出ましょう 水を含みましょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勝俣部長の「ため息」2533回・・・・どうしましょう

4月20日 金曜日

f:id:bon-ku-ra:20180413111551j:plain

                 米 沢 駅

 

 

    好き勝手に 言いたい放題

忘れられ行く 道路名

 

 勝俣部長・・・・都内、都心部を走って20年。

 20年前・・・・ナビなどと言う便利なモノは無かった。

  (27万Km走破目前の我が車 ナビ 今も無し)

 住所と地図を頼りの20年。

 覚えた、覚えた道路名。

 心に残る名前かなりある。

 永代通り、言問(コトトイ)い通り、不忍(シノバズ)通り、本郷通り甲州街道東海道中山道・・・・挙げれば切が無い。

 道路ばかしでは無い。

 町名を覚え、渡る橋の名前を覚え・・・・自分の頭がナビそのものだから・・・・覚える、覚える・・・・覚えなければ始まらない。

 勝俣部長にも、若き部下が一人居る。

 勿論・・・・走るのはナビ付車。

 20年の我が戦い・・・・一切の無駄。

 入力一つで、戦う必要無し。

 どんな場所に向かうとも・・・・鼻歌交じりで、スイスイスイ。

  ・あのな 今が電話が入って 行先変更すっから

  ・そう この外堀通りを もうちょい走って

  ・そうそう あそここの信号を左折

  ・そう、その晴海通りを走り、勝どき橋を渡り

   「ええ 部長 全部知ってるんですか スゴイデスネ」

   「私 全く分かりません 覚える必要 全く有りません」

 道路名も、町名も、橋の名前も・・・・今、何にも関係無し。

 社員名は記号か数字か・・・・全国民はマイナンバー・・・・。

 どうしましょう・・・・嗚呼。

 つづく。

 

 さあ 美味い水 飲みましょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勝俣部長の「ため息」2532回・・・・コレから コレから

 

4月19日 木曜日

f:id:bon-ku-ra:20180413102803j:plain

               米沢「上杉神社

 

 

    好き勝手に 言いたい放題

話しは 戯れ言に脱線した

 

    なせば成る なさねば成らぬ 何事も 

        成らぬは人の なさぬなりけり

 何事も努力すれば、成るものを・・・・結果が出ないのは、自分では努力しているようで・・・・実は何一つ努力して無いからだよ。

 まあ、こんな意味になるのだと思う。

 山形米沢藩・・・・上杉鷹山先生の、余りにも有名な言葉である。

 ところが勝俣部長・・・・残念ながら成らなかった。

 その言い訳をすると・・・・

  ・1955年代

  ・昭和30年代

  ・10歳前後

 時代のれ言に、鷹山先生の言葉が正しく理解出来なかった、のだ、のだ。

  名言の最後・・・・「成らぬは (その)人の なさぬなりけり」を、アラブ方面に

脱線させてしまったのである。

   なせば成る なさねば成らぬ 何事も・・・・ここまでは良いのだが・・・・ナセル

アラブの(エジプト)大統領・・・・方面に脱線。

 多分、同年代の皆様は、大多数が国鉄「戯れ言線」にポイントを切り替えられ、米沢の駅に、下り立つ事が出来なかったのでは、なかろうか。

 (螻蛄様様もかな)

 遅まきながら、この度、後期高齢者領域になり、目出たくも、米沢駅(藩)に下り立つ事が出来ました。

 が、が、時すでに遅し・・・・いやいや コレから コレからですよね・・・・嗚呼。

 つづく。

 

 米沢の春に 水が よく似合います

勝俣部長の「ため息」2531回・・・・ギネスも認定

4月18日 水曜日

f:id:bon-ku-ra:20180413150519j:plain

           もう一枚 しつこく 山寺「立石寺

 

 

好き勝手に 言いたい放題

  変 な ク セ

 

 勝俣部長・・・・変なクセと言うか、おバカな「」を持つ。

 毎年2回・・・・今頃と、秋口。

 大きく問えば・・・・暑くも無く、寒くも無し・・・・目には美しさが飛び込む。

   「こんな 良い 素晴らしい季節は 無い」

 だから、今を強く感じよう、強く感じようと・・・・自分の持つ「感じ方」が、外に飛び出て働き掛ける。

 今が、まさに時で()ある。

 ところがどうも・・・・それでけでは足りないと見えて・・・・今朝方、

   「バカ お前(私) もっと感じなきゃ 感じなきゃ・・・・」

 と夢に追い掛けられてしまった。

 だから本日書くテーマは、夢の脅迫である。

 花粉症やら黄砂やら・・・・そうそう国会の辟易な場面やら・・・・季節の良さに逆行する要因は多々あるが・・・・マイナス因子を差し引いても・・・・今は、ギネスも認定するほどの、良い季節・・・・。

 今を、大いに感じましょう・・・・ぜ。

 それにしても、変なクセ(習い)である。

 つづく。

 

 

 小まめに 水を含みましょう