勝俣部長の「ため息」2703回・・・・後 僅か

10月19日 金曜日

f:id:bon-ku-ra:20181007161434j:plain

                                     王子「音無橋」下 散歩道 撮:2018.10

 

 

      好き勝手に 言いたい放題

落ちこぼれ程度で 済んだが

 

 ただ今驀進中のIT革命と言うか、ネットワーク社会と言うか・・・・。

 第4次産業革命とも言われている。

 確かにである。

 この波に晒される人々の、今後の事態模様・・・・推測さえ思い着かない。

 ただ一つ言えそうなことは、

  ・我々 老人は未だいい

 と言う事である。

 ヤツら・・・・やっぱし着いて来れなかったかと、少々バカにされている内に消え去るからある。

  ・問題は そう 今の君以降の世代

 振り替え見むれば・・・・我々老人世代は、なんぼ出来損ないでも・・・・落ちこぼれ程度で済み、社会の中に、どうにか組み入れられ、呼吸して来れた。

 今後20年、30年先の時代・・・・迎えるは「オン(必要)」と「オフ(不必要)」。

 ゲームの操作が出来る程度の(範囲)に居たならば・・・・完全なるオフ組で、不要、邪魔、迷惑、人で無し、生存の必要無し。

 せめて落ちこぼれでいいからさ・・・・と泣いてもダメで・・・・アンタ達は不要、不用で用無し。

 オンとオフの差は、人間で居れるか、人で無し組になるか・・・・ただ今、空恐ろしさに向かって驀進中。

 もしかしたら・・・・人間は手にしては行けない、神のみが使用可能な技を、手にしてしまったのかも知れない。

 電車に乗って、スマホで遊んで居れるのも・・・・後僅か・・・・。

 つづく。

 

 

 何が有っても 水は必要

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勝俣部長の「ため息」2702回・・・・同じじゃん

10月18日 木曜日

f:id:bon-ku-ra:20181007161355j:plain

          王子「音無橋」下 散歩道 撮:2018.10

 

 

 好き勝手に 言いたい放題

分からない 事

 

 分からない事の一つに・・・・何々宣言都市(町)がある。

 車で走っていると、大きな看板や垂れ幕などに、

   ・「平和宣言都市(町)」

   ・「交通安全宣言都市(町)」

なんかと記されている。

 選手宣誓のように宣言したとして・・・・それでどうなるの、コレって何・・・・。

 一度実行したいと・・・・イヤ したくは無いが・・・・市役所、役場に行って聞いて見たくもなる。

 そんなんなら一層、

   ・「税金ぼったくり都市」

   ・「災害対策無防備都市

などと掲げて・・・・ガチャガチャに騒げば、元気になるかも知れない。

 平和、平和、平和・・・・経文のように宣(ノタマ)っていれば平和になるってか・・・・。

 どっかの政党と同じじゃん・・・・。

 つづく。

 

 

 今日も一日 水と共に 食べ過ぎるなよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勝俣部長の「ため息」2701回・・・・困った現象

10月17日 水曜日

f:id:bon-ku-ra:20181007161318j:plain

                                        王子「音無橋下」散歩道 撮:2018.10

 

 

好き勝手に 言いたい放題

   ナビ公害

 

 勝俣部長・・・・住まいの西側を国道17号線が走る。

 我が家を起点に、東京方面に、信号二つ目。

 我が方から見れば右折、逆方向から見れば左折の、T路地が走る。

 この道路、

  ・狭くて

  ・幹線道路とは

とても言えない。

 が、ここ最近・・・・住まいの13階から眺むれば、東京方面からの大型車が引っ切り無しに左折し、進入(侵入)する。

 道路マップではなかなか探せないだから・・・・あの狭い道路に何故。

 ナビの仕業に違い無い。

 そう思っていたらつい先日、テレビがフランスの田園地域の、ナビに因る車の

片田舎汚染を報道していた。

 車が大量に走るのを、いっさら想定してない道路に(住人地に)、ナビに誘導された車がどんどん入り込む。

  (昨日のブログの品川駅港南口津波並み)

 その迷惑さ報道であった。

 走る方から見れば抜け道かも知れないが・・・・住人からすれば大迷惑。

 恐らく日本各地に・・・・ナビ公害が発生する、イヤ しているかも知れない。

 便利さは、困った現象を引き起こす。

 鎌倉ナビ公害、吉祥寺ナビ公害・・・・あの町、この町、ナビ公害・・・・。

 ナビ規制、あるい更なる規制強化・・・・始まる出すかも知れない。

 イヤ 始めるべきである。

 つづく。

 

 

 色づく 秋色 水と共に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勝俣部長の「ため息」2700回・・・・人災に怯える

10月16日 火曜日

f:id:bon-ku-ra:20181007161252j:plain

           王子「音無橋下散歩道」撮:2018.10

 

 

好き勝手に 言いたい放題

まるで 津波

 

 勝俣部長・・・・山梨の片田舎「鰍沢(田富よりは都会)」から、東京に出て来て、50数年、半世紀以上。

 で、アリナガラ、昨日程ビックリしたことは無い。

 心底怯えてしまった。

 一体何か。

 昨日、品川の建設中のマンションに、災害用の水の搬入出向いた。

 朝8時過ぎ、品川駅「港南口」に向かう。

 先ず人の多さで、改札を出るまで一苦労。

 そののっぴきならぬ群衆、イヤ集団、イヤ塊が・・・・一斉に港南口を目指す。

 まさに人の津波が・・・・ずっとずっと1時間以上は続く筈。

 ドッドッドッド、ドッドッッドッド・・・・全員無口でまっしぐらに歩く、歩く、歩く。

 この津波、今朝の事だけでは無い・・・・明日も明後日も、月から金曜日の毎朝、津波が押し寄せる。

 ヒヒヒヒ・・・・これはチャンス、と取らずに、津波に怯えるのだから成功する訳は無い。

 半世紀、ただ東京方面にただけ・・・・。

 毎朝の津波・・・・まさに人災で怯えたのである。

 東京の空恐ろしさを、初めて知った。

  近日中に再度、同じ時間に品川、港南口に行く・・・・怯えずに、写真が撮れたら、

是非お見せしたい。

 つづく。

 

 

 静かに水を 飲みましょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勝俣部長の「ため息」2699回・・・・たまらなく

10月15日 月曜日

f:id:bon-ku-ra:20181007160310j:plain

                                      王子「音無橋」手前交差点 撮:2018.10

 

 

好き勝手に 言いたい放題

間抜け雰囲気

 

 昨日は10月16日の日曜日

 多くのサラリーマンはお休み。

 通勤地獄は無し。

 ましてや、時間、17時20分。

 京浜東北線南浦和駅」下り線、大宮方面行ホーム。

 ホームは地獄どころか閑散・・・・大閑散。

  「ここは何処け ほうけ 山梨田富付近の風景け・・・・どうりで」

 と、思っちもう。

 突如としてホームアナウンスが流れる。

   「ただ今整列乗車を お願いしております」

   「4列にお並びになって お待ちください」

 たまらなく・・・・この間抜けな雰囲気がいい、だ・・・・。

 南浦和駅さん・・・・。

 つづく。

 

 

 本日 備蓄水搬入 飲み水持参

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勝俣部長の「ため息」2698回・・・・もん じゃ無い

10月14日 日曜日

f:id:bon-ku-ra:20181007160636j:plain

                                 都電「王子駅」 手前の草が何とも 撮:2018.10

 

 

好き勝手に 言いたい放題

    あの 笑顔に

 

 多くの皆さんが・・・・経験されてると思う。

 たった一行の言葉に、

  ・ホットしたり

  ・感動したり

 そして逆に、

  ・傷ついたり

  ・落ち込んだり

 同じように・・・・「あの笑顔に・・・・」、「あの笑顔で・・・・」

  ・われ(る)

 言葉と違い、逆は・・・・無いじゃん。

 もしかしたら笑顔は、言葉以上の威力かも知れない。

 子供にわれたり、孫に救われたり、あの人に救われたり・・・・そして、ここにがあって・・・・救ったり・・・・。

 笑顔・・・・自分だけのもん じゃ無い・・・・。

 つづく。

 

 

 笑顔と水 いいね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勝俣部長の「ため息」2697回・・・・ご苦労様でした

10月13日 土曜日

f:id:bon-ku-ra:20181007155546j:plain

                                       王子「飛鳥山公園」 撮:2018.10

 

 

  好き勝手に 言いたい放題

いつまでも いつまでも

 

    「いつまでも、いつまでも「心」永遠なれど・・・・身体の動き、

                      いよいよならず・・・・」

 この書き出しで案内を掛けた「集い」が、本日13時30分より、御茶ノ水で開催されます。

  ・山梨県南巨摩郡富士川町(旧:鰍沢町)

  ・首都圏在住の老若男女 34名参集

 一頃は100以上・・・・ホテルニューオータニ参集した、全盛の「鰍沢会」。

 時の流れは、老若男女の「」のみを取り去り・・・・残ったのは「老老男女」なり・・・・。

 と言う事で、参集を掛ける方も、参集する方も、にっちもさっちも行かず・・・・

本日を以て最終回・・・・。

    「時に世は 平成の締め括り年・・・・引き際善き哉・・・・

                  旬年(シュンネン)と申せましょう。」 

 かく、案内状の言葉を結ぶ。

 平成30年間・・・・小間使い一筋・・・・勝俣君・・・・ご苦労様でした。

 つづく。

 

 

 日々水で 命 繋いでおります