勝俣部長の「ため息」2910回・・・・深刻ずら

f:id:bon-ku-ra:20190426134147j:plain

           「出雲伊波比(イワイ)神社」 右手前方が流鏑馬祭りの道 撮:209.4
  

 

5月23日 木曜日

     折角、生きてるだから

どう考える かだな

 

 昨日のNHK、朝7時のニュース番組。

 完食の事が報道されていた。

 完食・・・・何の事は無い、出されたモノを残さずに、完全に食べる事。

 学校給食時の事である。

 子供の発育に障害があってはならないと・・・・

   「残さず 食べなさい」

 先生方がこう指導しているそうだが、コレが問題との事。

 (勝君意訳)・・・・食べられない子供にとっては一種の脅迫となり、それが原因で

病み、不登校にさえなってしまうと言う。

 NHKの論調は(世論かも知れない)・・・・総じて子供の味方で、強要する先生を悪く言う姿勢で組み立てられていた。

 食べるモノが何も無く・・・・日々腹を空かせ、

   腹減った 腹減った 腹減った

呪文のように・・・・それしか口を吐かなかった螻蛄様世代には、時代には・・・・想像も出来ないウラヤマシイ・・・・大歓迎の事態・・・・(だと思う)。

 これも多分となるが・・・・学校給食と言えば、管理栄養士が子供の発育を考え、計算し、味は兎も角も、カロリー的、量には万全を尽くした物であろう。

 詰まり・・・・螻蛄様ほど酷くは無いが・・・・やや似た世代に育った勝君に言わせれば・・・・今の時代なら、3食とも給食が食べれれば万全である・・・・とさえ思う。

 変な物を食べるなら・・・・給食を完食しなさい・・・・と。

 この事態・・・・母親の手料理が上手いから、給食を嫌がるのでは無い。

 コンビニ食なら食べる、食べる・・・・かくなるのでは・・・・考え過ぎかなあ・・・・。

 まあ、いずれにしても・・・・日本国、警察官さんも、兵隊さんも・・・・いよいよ以て成り手が・・・・いやいや、心身共に成れそうな若者がいなくなる・・・・平和国日本と言うか・・・・深刻ズラ・・・・。

 つづきます。

 

 

 仕方が無い 給食はいいから 水でも飲んでなさい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勝俣部長の「ため息」2909回・・・・達人じゃ無いもんな

 

f:id:bon-ku-ra:20190426134103j:plain

                                   出雲伊波比(イワイ)神社 本殿を臨む 撮:2019.4

 

 

5月22日 水曜日

折角、生きてるだから

深 刻 と言う言葉

 

 考えたら言葉って面白いと言うか、不思議である。

 普段気にせず、何気なく使っている言葉が、で、ある。

 状況により、く受け止めれるし・・・・それこそ深刻にもなる。

 深刻の代表格が病院で言われたとき(で、あろうか)。

 医者から・・・・

   「勝俣さん ちょっと深刻ですね・・・・」

 こう言われた場合・・・・「ちょっと」は否定形とはならず・・・・むしろ、深刻を強調してしまう。

 多分、この心境だけは誰もが同じだと思う。

 深刻と言う言葉・・・・状況によっては言葉を飛び越え、悲劇的な心持を与えてしまう。

 だから高齢者は・・・・普段からトレーニングをし、覚悟し、深刻の筋肉を柔らかにしておき・・・・深刻を軽めに受け止めれるように・・・・が、人生後半の知恵であろう・・・・。

 でも、なかなか、なかなか・・・・達人じゃ無いもんな・・・・。

 つづきます。

 

 水飲むと いいよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勝俣部長の「ため息」2908回・・・・納得です

f:id:bon-ku-ra:20190426133639j:plain

                     出雲伊波比(イワイ)神社 流鏑馬祭りの「的」では 撮:2019.4

 

 

5月21日 火曜日

 

折角、生きてるだから

何故 いちいち

 池袋の母子2人の死亡事故・・・・余りにも痛まし過ぎる・・・・。

 当の運転の本人・・・・イヤ犯人、87才も負傷し入院。

 先頃退院。

 サングラス、大きなマスク、深めの防止、両腕に杖・・・・性格の悪い勝俣部長には、

演出掛かった所・・・・在りや無しや・・・・といぶかる(訝りたし)。

 それ以上に何故、いちいち、一々、報道の度に、

   旧通産省工業技術院 元院長

と、の肩書を付すのだろうか・・・・。

 高齢者の運転が問題だと騒ぐ中・・・・肩書で無く・・・・87才の方を強調しないと筋が

通らんじゃんか・・・・。

   87才の 87才の 87才の高齢ドライバー

と、強調しなさいよ・・・・。

 それが、元何々、元何々・・・・NHKも民法も新聞も・・・・元何々、元何々・・・・。

 やはり日本は死ぬまで・・・・肩書の社会であるんだよな・・・・。

 だから・・・・多くの我々を「形(肩)無し」と呼ぶ・・・・納得です。

  つづきます。

 

 水でも飲みましょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勝俣部長の「ため息」2907回・・・・あると良いね

f:id:bon-ku-ra:20190426133554j:plain

                                       「出雲伊波比(イワイ)神社」 撮:2019.4

 

 

5月20日 月曜日

 折角、生きてるだから

平和宣言都市

 

 確か2〜3日前の産経新聞・・・・。

 認知症患者・・・・向こう10年間で何%減らす・・・・などの見出し・・・・だけをチラッと

見た。

(読んで無いから詳細は分からない)・・・・この無責任さで言うと、コレって・・・・。

 車で走っているとよく・・・・平和宣言都市とか街とか・・・・交通事故撲滅宣言の町とか・・・・あの調子に見えてしまう。

 イヤ 見えてしまったから読まなかった・・・・のかな。

 何々宣言の町、何々宣言の都市・・・・何々宣言、何々宣言・・・・失礼ながら、ウルセイナなあ。

 宣言をした結果の・・・・全国発表大会・・・・あると良いね、いいね・・・・。

 つづきます。

 

 水と共に 本日も

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勝俣部長の「ため息」2906回・・・・いやいや 僻み

f:id:bon-ku-ra:20190426133515j:plain


            「出雲伊波比神社」流鏑馬(ヤブサメ)の道(流鏑馬祭り)有り 撮:2019.4

 

5月19日 日曜日

 

  折角、生きてるだから

  老人疎外 店

 

 好みの料理が有り、昼飯時にちょくちょく行く。

 チエーン店で、高田馬場、鶴見、戸田公園飯田橋など、行き当たりばったりに使う(今後は止めた)。

 一昨日の事・・・・用も無いのに戸田公園駅

  ・(わざわざ)一旦下車し

  ・(わざわざ)改札口を出て

戸田公園店に行った・・・・気分は行って「げた」。

 時間が11時30分過ぎ・・・・店内は未だバラバラ。

 カウンター席に着き・・・・いざ注文。

 店員さんにオーダーと・・・・声を掛けた・・・・。

  「お客さん 机上のパネルでご注文下さい」

 エエ・・・・この店 いつから・・・・こんな老人阻害店に・・・・。

 いやいや・・・・正しくは「老人(ヒガ)み店」に、かな・・・・。

  ・分かりましたが 今 貴女に注文してもいいでしょ

  ・教えますからパネルでお願いします

  ・だって混雑してないし 貴女 注文取って下さいよ

  ・私が教えますから パネルでお願いします

 押し問答の・・・・そうですか、また、来ますから・・・・。

 折角・・・・(わざわざ)途中下車したのに・・・・。

 思うに・・・・パネルタッチで注文を取らないとダメ・・・・なのである。

 人件費がどうのこうのと言うけれど・・・・全ては客の・・・・「みの情報管理」で

ある(あろう)。

 仮に200店舗が都内近郊に点在したとする。

 何月、何日、何時から何時帯、最も売れたのは、何々、ご飯白米、量は大盛・・・・。

 地域別、時間帯別・・・・今後の店舗運営戦略・・・・パネルタッチ様様である。

 単なる老人阻害店・・・・昼飯不味くなりそう・・・・もう 止〜めた。

 いやいや バカ老人のみでしかない・・・・。

 つづきます。

 

 

 水の美味しい店が いいですね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勝俣部長の「ため息」2905回・・・・18年以上も前

f:id:bon-ku-ra:20190426133507j:plain

                         埼玉県毛呂駅下車 「出雲伊波比神社」へ 撮:2019.4

 

 

5月18日 土曜日

折角、生きてるだから

一秒にも・・・・

 

                一秒にも満たない言葉 に

 

 「始めまして」・・・・一秒にも満たない言葉に ときめきを 感じ

 

 「ありがとう」・・・・一秒にも満たない言葉に 人の優しさを 知る

 

 「がんばって」・・・・一秒にも満たない言葉に 勇気が 蘇り

 

 「おめでとう」・・・・一秒にも満たない言葉に 幸せが 溢れる

 

 「ごめんなさい」・・・・一秒にも満たない言葉に 謙虚さが 伺え

 

 「さようなら」・・・・一秒にも満たない言葉に 余情を 馳せる

 

                                                                 2001.01.01  凡 句 楽

 

 もう18年以上も前の事である。

 つづきます。

 

 新製品開発の無いモノは 空気と水だけ

勝俣部長の「ため息」2904回・・・・分かっているんですがね

f:id:bon-ku-ra:20190426121027j:plain

それではこの辺で「高麗神社」をお暇です 撮:2019.4

 

5月17日 金曜日

 

    折角、生きてるだから

活字って  時に凄い力

 

 一昨日 5月15日 産経新聞15ページ・・・・もっとも我が家には、産経新聞しか

有りませんが・・・・。

 目に飛び込んだ大見出し・・・・。

   高齢化に  病院の老朽化

 何かな、見たくも読みたくも無い、気持ちのい・・・・憂鬱な気分になりました。

 日本全国、どんどん進むんだろうね・・・・この気持ちの悪さ・・・・。

 自分もそうだから・・・・分かってはいるんですがね・・・・。

 つづきます。

 

 まあ 水でも飲みましょう よ